陶   歴

  美濃 雅 山 窯   が  ざん  がま

 中 島 正 雄

昭和22年 陶磁器デザイナー日根野作三先生に師事
昭和23年 林雲鳳先生に師事、日本画を修得
昭和28年 沢田米造先生に師事
昭和31年 日展入選
昭和32年 朝日現代陶芸展 全国展 入選
昭和33年 朝日陶芸展 第一賞 受賞
昭和34年 米国ハワイ大学美術科講師として渡米
昭和35年 土岐市陶磁器試験場 講師
昭和36年 米国シアトル国際工芸展 出品 受賞
昭和39年 日本デザイナークラフトマン協会理事
昭和40年 日本ニュークラフト展 審査員
昭和41年 天皇陛下岐阜県御幸の際、お買上げを賜る
昭和42年 通産省並に日本生産性本部の依頼により
     欧州工業デザイン視察員として渡欧
昭和43年 朝日陶芸展 審査員
昭和51年 朝日陶芸展招待出品
昭和52年 美濃焼伝統工芸品協同組合初代理事長
昭和53年 日中友好陶磁器視察団員として中国歴訪
昭和54年 曜変天目の再現に取り組み数十年の
     研究の結果10月25日完成
昭和56年 伝統工芸士
昭和56年 伝統的工芸品産業功労者表彰を受ける
昭和57年 美濃焼伝統工芸の功労者として
     岐阜県知事表彰を受ける
昭和58年 美濃陶芸協会副会長
昭和62年 第一回二宮教育文化賞受賞
昭和62年 土岐市無形文化財指定(第四号)
昭和62年 通商産業大臣賞受賞
平成元年 岐阜新聞大賞 教育文化賞受賞
平成 4年 土岐市無形文化財指定(高麗青瓷第八号)
平成 4年 加藤幸兵衛賞受賞
平成 8年 岐阜県学芸功労者表彰 受賞